シャチハタが使いない場面ってあるの?

印鑑には色々な種類がありますが、宅配便の受け取りなど、普段の生活ではシャチハタを使っているという方が多いのではないでしょうか。
最近は100円ショップなどでも販売されており、いつでも気軽に変えるシャチハタですが、シャチハタが使えない場面も少なくありません。

 

実印としては使えない

 

シャチハタを使えない場面はいくつかありますが、基本的には重要な目的には使えない印鑑だと思ってください。
例えば実印のように個人を社会的に証明するために使うような印鑑は、決して複製が出来ないような複雑なものが求められるので、機械で簡単に同じものが作れるシャチハタは、決して実印に使うことは出来ません。

銀行印としての利用は危険

 

普段使うことが多い銀行口座ですが、だからといって銀行印まで気軽に作れるシャチハタにしてはいけません。
銀行印も簡単に複製が用意できてしまうと、他の人が銀行印を複製して銀行口座を利用できてしまうので、銀行印を用意する際は、自分だけのオリジナルの銀行印を用意してもらうようにしましょう。

 

また銀行口座を複数用意する場合は、複数の銀行印を用意することでリスク分散が出来、一つの銀行印を兼用すると管理が楽になるので、自分の好みで銀行印を用意しましょう。

 

重要書類の契約

 

シャチハタは簡単に用意することが出来るので、基本的に重要な書類の契約には利用できないものと考えてください。
何かの契約を結ぶときは、銀行印を兼用するという方もいますが、契約用に専用の印鑑を一つ用意しておくのも良いかもしれません。

 

いずれにしても便利だからとシャチハタを様々な場面で利用するのはあまり良い使い方とはいえないので、シャチハタを利用する際は注意しましょう。

 

 

印鑑はそれぞれに使い道があり、使い方を間違えれば、大きなトラブルに発展することもあります。
シャチハタはシャチハタで便利なものですが、きちんと使い分けを意識して、重要な契約を結ぶ際は専用の印鑑を前もって用意しておくようにしましょう。