印鑑があるのは日本と韓国だけなの?

皆さんが海外旅行に出かけた時、クレジットなどを使用するとサインを書きます。
またホテルのチェックイン・アウトやレジャーの予約など、どのようなことにおいてもサインを求められるという場面に遭遇したことがあるのではないでしょうか。

 

海外のほとんどの国では印艦と言う物が存在しないため、本人確認チェックには全てサインが必要になって来ます。
日本であればわざわざサインを書かなくても、印艦をポンと押せば完了です。
「サインを書いて下さい」と言われて、どぎまぎしてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

海外にはどうして印艦がないのか?!

そもそも海外にはどうして印艦がないのでしょうか。
それは、やはり便利さを追求した結果と言えるのではないかと思います。
わざわざ印艦を作らなくても、サインであればペンさえあればすぐに書くことが出来ます。

 

また、多くの民族が入り混じって生活をしている国も多いので印艦という1つの道具に頼る方が面倒臭いのです。

 

印鑑があるのは主に日本と韓国のみ

印艦を公的に使用しているのは主に日本・韓国だけのようです。

 

実印のように国が個人を認める印艦は、家の購入・契約・金銭の貸し借りなどなど生活において密着して使用されています。
韓国では、主に戸籍上の登録をする際に印艦を使用するようです。

 

みなさんもご存知のように、日本に印艦と言う文化をもたらしたのは中国です。
その昔「漢委奴国王」という金印を中国の光武帝から贈られたことから始まります。
しかし興味深いことに、印艦の発祥の地とされる中国では現在では国が公的に認めるシステムとしては使用されていないということです。

 

中国独特の流線的で芸術的な字体や絵柄は人気がありますので、お土産用などとしては作られているということです。

 

このように、サインと印艦同じ役割を果たすのに使われている国・使われていない国があるということを覚えておいて下さい。
海外に出掛ける時に慌てないためにも、自分のサインを決めておくと良いのではないでしょうか。